経験したからこそ言える!30代からの転職で求められること

30歳での転職の現状

 

 30歳となると、全く新しい業界への転職は厳しくなります。「未経験者歓迎」などと募集要項に書いてあってもなんだかんだで採用までは至らない気がします。

 

 私も30歳で転職したとき、今の業種ではなく心機一転で全く違う業種への転職活動を数社行いましたが結局不採用でした。

 

30代の転職で求められること

 

 同業種での転職の場合は30歳となると「即戦力」としての採用を見込まれます。

 

 今までの実績をうまくアピールして新しい会社ですぐに第一線で働けますよ!と売り込みます。

 

 採用する側も、新人はできるだけフレッシュで扱いやすい人材(若くて有能な人材がベスト)が欲しいはずなところを30歳の新人を採用するからには、やはり過去の実績、面接時態度・人柄等が重要になってきます。

 

 

即戦力とは?
  • 専門知識や運用経験を持っていて特定の業務を任せられる人
  •  

  • 自分自身で考えて行動ができ、コミュニケーション能力が高く、適応力があること

 

 

30歳の転職はエージェントとも限らない

 

 30歳、過去実績あり、即戦力な人材ともなると転職エージェントを通じて自分の評価をより高くアピールしてキャリアアップ転職できるのがベストかもしれません。

 

 しかし、この転職エージェントというシステムは人によってはとても煩わしいものかもしれません。

 

なぜ転職エージェントは煩わしいのか

 

実際に経験した人によると…

 

■Aさんの場合

 

 自分の希望職種、年収、待遇等を素直にエージェントに伝えたら「そんな都合のいい企業はありません。」と一蹴されその後にほとんど候補案件を持ってきてもらえなかったそうです。

 

■Bさんの場合

 

 自分のスキル、ビジネススタイル等の希望をエージェントと共有しましたが、しっくりくる候補案件は1件も提案してもらえなかったそうです。結局平行して自主的に登録し、面接等を進めていた企業にあっという間に転職が決まったそうです。

 

 

 しかし、中にはエージェントシステムをうまく活用できてお給料アップ!待遇良好な良い条件で転職できた!という人もいます。

 

 エージェントとうまくつき合って一緒に転職活動を行うくらいの気持ちの人にはいいのかもしれませんね。

 

 

転職エージェントを利用するメリット

 

 履歴書や職務経歴書などを添削してもらえたり、面接の応答の仕方のアドバイスを個人的にしてもらうことができます。

 

 また、非公開の求人情報を得ることが出来るのも転職エージェントを利用するメリットになります。

 

 

 

30歳からの転職は「前向きな転職」に限り成功しやすい

 

 私は30歳から2回転職をしました。2回とも所属企業で自分の仕事にある程度満足をしてしまい、ほかの新しいことや、役割にチャレンジしたいという向上心からの転職でした。

 

なぜ「前向きな転職」は成功しやすいのか

 

 今まで培ってきたスキルと、そのスキルをこれからどのように新しい会社で活かしていこうと思っているか。が、明確になっていれば、だいたい希望の会社に転職することができると思います。

 

 企業もそういう明確な意志を持っていて、なおかつ即戦力になるスキルもある!といった人材は喜んで採用します。

 

 どんぐりの背比べ状態になったときにはもしかしたら年齢が若い人の方が有利かもしれませんが、30歳からのキャリア転職はそこを一緒になって争うレベルではありません。

 

 自分の今までの実績に自信を持って、同じ方向に進んでいける新しい会社を見つけることが大切です。

 

 

まとめ
  • 企業側は新人を採用するならフレッシュで扱いやすい人材を求めるため、30歳となると、全く新しい業界への転職は厳しくなります。
  •  

  • 30代の転職には過去の実績、面接時態度・人柄等が重要になるため「即戦力」が求められます。
  •  

  • 前向きな転職」は明確な意思・即戦力になるスキルがあるので成功しやすくなります。

 

 

良かったらシェアをお願いします