入社前にチェックしておくべきポイント

自分の価値観に合った職場かどうか

 

 38歳で転職するからには、自分が納得のいく職場かどうかを、自分できちんと見極める必要があります。企業研究はもちろん、面接で応募企業を訪れたときの印象や、質疑応答を通して、会社の雰囲気や価値観を探ることはできるはずです。

 

 どんなに勤務条件がよくても、職場の人間関係がギスギスしていたり、協働するという企業風土がないところでは、長く働き続けることが難しいものです。

 

 また、38歳ともなると自分のスタイルや譲れない価値観ができあがっているものなので、そこが応募企業とマッチするかも、入社の諾否を決める重要なポイントです。入社前に、しっかりチェックしておきましょう。

 

自分のキャリアビジョンが達成できるかどうか

 

 38歳で転職をするからには、定年の引き上げも考慮したうえで、自分のキャリアビジョンを再構築しているはずです。応募企業でそれが達成できるのかどうかも、入社前にチェックしておく必要があります。

 

 38歳で転職し、そこでキャリアビジョンを達成できないと感じて、新たに転職活動を始めようと思っても、そう簡単には進まないのが現実です。後悔がないように、きちんとリサーチしてから入社を承諾してください。

 

 

 

【関連記事】

入社前にチェックしておくべきポイント関連ページ

円満退職するために
退社の理由の説明の仕方